やっぱり、そうだよね

こんなサイト見つけました。
「はじめてのKona Linux」
http://ohkona.seesaa.net/
あまりにベタな名前ですが、ベタにかゆいところに手が届く内容のように思います。早速、このサイトで紹介されている手順に従ってログイン時のサウンドを消しました。
こういったサイトができる事自体、Kona Linuxの訴求力の高さを感じます。

広告

MBR修復 Grub Customizerの利用

wattOSともう一つOSを入れてあるマシンのMBRが壊れて起動しなくなった(エントリーが出なくなった)ので、今回その修復をしました。
用意したのはLinuxBean12.04のライブCD。
なぜ、LinuxBeanかというとはじめからGrub Customizerが入っているからです(作者様に感謝!)。
まず、ライブCDを起動して、
アプリメニューからGrub Customizerを起動。
最初の画面(なんか色々説明してある)を「Foward」ボタンをポチ。
「Sslect and mount your root partition」の画面でパーテーションの一覧が表示されてあり、その中からwattOSの入ったパーテーションを選択して左下の「Mount selected Filesystem」ボタンをポチ。画面が白っぽくなり、件のパーテーションが一覧表示から消えている(wattOSの入ったパーテーションがマウントされた状態なため)。「Foward」ボタンをポチ。
[/media/floppy0]にチェックを入れる画面。チェックは入れずに「Apply」ボタンをポチ。
読み込みが開始され、エントリー一覧表示となる。wattOSが一覧にあるのを確認してツールバーの「File」ポチで出てくるメニューから「Save」ポチ。続いて同メニューから「Install to MBR・・・」ポチ。botloaderを入れるデバイスの確認画面。普通のパターン、つまりHDDに入れるのでそれが表示(「/dev/sda」」)されているのを確認して、「OK」ポチ。数秒後に「ブートローダーのインストールに成功」みたいな表示がされるのでそれをOKポチで閉じ、Grub Customizerを閉じて再起動。
無事エントリーが表示され、wattOSを選択。無事起動しました。

5%!?

「Linuxシェア増加で5%に近づく – 9月OSシェア」
http://news.mynavi.jp/news/2017/10/02/160/
10月になってMacとの差が1.5%に縮まっている(9月2.5%)。これってまさか、というより、シェアが5%に届来そうなんですけど・・・ありえない。確かずっと2%くらいじゃなかたっけ。
Win8と8.1合わせて7%強(同サイト参照)、と考えると5%が如何に凄い(これまでの歴史からすると)数字であるかを実感する。
よもや、いくらなんでも、「歴史」をリアルタイムで経験する、なんて分けはないよね。

Win10のデスクトップ画面にアプリのショーカットアイコンがズラリ

今日行った研修会でプレゼンを受けました。
終了後、マシンのデスクトップ画面が映し出されていました。左下のアイコンで10だという事が分かったのですが、デスクトップ画面のほぼ全域にアプリ(多分よく使うやつ)のショートカットアイコンがズラリと並んでいました。何なんじゃ、これは! 
多分20個以上あったと思います。参考によっぽど写メ撮らせて撮らせて下さい、と言おうかと思いましたがさすがにそれは止めました。
なんでこういうことになってしまうのか。
多分、10で提供されているアプリ選択のシステムが使いにくいので、こういう結果になったのでしょう。
一度、10をセットアップさせて頂く機会があり、その時もやはりアプリ選択が分かりにくいと思いました。結局こういう解決の仕方しかなくなるのでしょう。何れはワシも10を導入しなければなくなるのでしょうが、あの画面を思い出すと気が滅入ります。
ユーザーにこんなダサい真似させんなよ、MS。

普通に・・・

「Linuxの生みの親リーナス・トーバルズがLinuxへ攻撃するハッカーに「ダークサイドに堕ちる前に」来て欲しいとアピール」-GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20170912-linus-want-hacker-help-linux/
久々にトーバルズ君、いや先生、のお姿を拝見できました。
歳とりました、いやワシもですが。
今回は毒舌は無く、「Linuxシステムを攻撃するハッカーに予想外のラブコール」だそうです。
ワシの知る限り、予想外、とは思わないです。普通程度に合理主義にして博愛主義なだけです。
彼のお陰で、ワシのような何にも分からない者が普通にオープンソースなOSが使えてます。本当にありがとう。

Yahoo!一球速報の「プレイバック動画」をLinuxで。

Yahooの一球速報からリンクする「プレイバック動画」(パ・リーグTV提供)、Linux Bean(Ubuntuベース)のFirefoxではエラー表示が出て見れませんでした。
ぐぐったところ、Firefoxにアドオン「User-Agent Switcher」を入れることにしました。バージョンは0.1.8。
当該動画を表示させ、色々な組み合わせで試した処、、safari+Macの組み合わせで無事、見れました。

「Linux、Windows 10が増加 – 8月OSシェア」マイナビニュース

「Linux、Windows 10が増加 – 8月OSシェア」マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2017/09/04/057/
何と、「今後、LinuxとMacの順位が逆転する可能性もある。」と、書いてあり、いやいや、いくら何でもそれは無いと思ったのだが、その差は約2.6%。7月から見ると、1%も縮まっている。
この数カ月でLinux関連で特にPCユーザーにアピールするようなトピックが無いにもかかわらず、この1ヶ月でシェアは0.8%も伸びている。とすると、この伸び、即ちMacとの差の縮み方は一過性なものと言うより、底堅いものがあるとも思え、結果として、ついこの間までMacをLinuxが抜く事など非現実的としか言いようがなかったのが、あながちそうとも言い切れないかも、とも思える。
Linuxユーザーの増加分は、Windows 8.1以前のWinを使っていたユーザー、とのこと(同記事によればWinは0.7%下落)だが、サポート切れに絡んで、オフラインはWin、オンラインはLinuxといった併用をしているユーザーが増えているのだと思う。中には”10強制アップグレード祭”によってMS社のやり方に嫌気が差したりあるいは不安を持ったり、直接その被害に遭ったり(例えばワシの友人のように)して、移行また併用を開始した方も居られるのではないかと思う。

Linuxをデスクトップで使い始めて13年程経つ。
当時はOS=Win。ブラウザ=IE。オフィススイート=MS-Officeが鉄板だった。
ブラウザ=IEは既に崩壊し(エッジを足してもChromeの1/3強でしかない。参考「Chrome、IE、Firefox下落 – 8月ブラウザシェア」http://news.mynavi.jp/news/2017/09/04/067/)、OS=Winは僅かながらも地殻変動が起きている様子が伺える状況下、もしかしたらオフィススイート=MS-Officeも恒久的に安泰、とは言えないのかも知れない。まさかとは思うが。
ともあれ、しばらくは、Linuxのシェアに注目することにしよう。

あ、秋が・・・

今ほど、台所へ行ったら、ジージーという、いわゆる「虫の声」が聞こえました。今年初。
お盆まであと1週間あって、台風が近づいていて、お陰でフェーン現象で今日はこの夏一番の暑さで今夜は寝苦しい夜、という所で、です。
彼らはどういう基準で鳴き始めるのかわかりませんが、ワシは「この暑さもほんの一時で直ぐに涼しい秋が来るのだ」と理解しました。それにしても台風5号、これ以上、悪影響が出なければ良いのですが。

住吉町にて

image

ただ今、住吉町にて時間調整。初めてこの辺に来ましたが、ホントの新潟の下町って感じです。やはり、駅南を中央区に入れたのは、行政としてはどうだったのでしょうか。

2017蒲原祭、二日目

蒲原祭巡視2日目、終えました。昨夜のように書類を整え、明日に備えた作業を終えたところです。
今日は、ムシムシ感は無く、比較的過ごしやすかったです。昨日は持っていったペットボトルのお茶がぐんぐん減りましたが、今日はそれ程でもなかったです。
人出はまあまあ、といったところでした。土曜という事で全体にバラけた感じで、超混みという時間帯はなかったようでした。巡視も例年に無くスムーズに行えてるようでした。
巡視班は最後に解散式を行うのですが、そこでの感想として「こんなに混んでるとは知りませんでした」といった、当方としては意外な感想が複数ありました。当方にとってはこの程度の混み具合は普通でも、夕方から夜にかけて初めて祭り場を歩かれた方にとってはそのように感じられる、という非常に新鮮な思いがしました。
今日は中学生の迷子の放送が何回か有り、「中学生でも迷子になるの?」といった言葉も聞かれました。「なるんです、それが蒲原祭なんです!だから巡視が必要なんです!」と密かに叫びました。
あすは最終の3日目です。もしこのブログをご覧になられて蒲原祭にお越しの方が有れば、迷子にどうぞご注意下さい。それからバイパス側道が設置されるのは午後4時からです。交通安全にも十分ご注意下さい。本日、ここまで。